贅沢のびるんるんで子育ての成長の悩み解決を保証します

贅沢のびるんるん-子育ての成長の悩み解決相談室

なぜ幼児教育をする必要があるのか?

パパママ応援ショップなどの子育て支援サービスを活用せずに損していませんか?

更新日:

子育て支援(パパママ応援ショップ)

子育て支援(パパママ応援ショップ)子育て支援のサービスの中には、育児に関するお買い物をする際にとても役立つサービスもあるようです。

今回は、全国の市区町村の子育て家庭のお財布に優しい子育て支援サービスをご紹介いたします。
内容は、パパママ応援ショップなどの子育て支援サービスについて、地域子育て支援センターとは、子育て支援の課題について、子育て支援が活発な地域についてです。

 

パパママ応援ショップなどの子育て支援サービスについて

パパ・ママ応援ショップとは、中学3年生までの子どもや妊娠中のママがいる家庭に配布される「パパ・ママ応援ショップ優待カード」を登録店舗で提示することで、割引などのサービスが受けられる子育て家庭への優待制度のことです。

この子育てを支援する制度は、各都道府県の市区町村で名称は違えども同じ内容のサービスが行われています。

例えば宮崎県宮崎市、滋賀県淡海、静岡県富士市では、「子育て支援カード」による子育て中の家庭の皆さんが協賛店舗でカードを提示すると、割引などのさまざまなサービスを受けられる事業を行っています。

また福岡、鳥取、鹿児島、宮崎県内と京都府の各市町村では「子育て支援パスポート事業」として 同様の取り組みを行っているそうです。

これらの子育て支援サービスは、地域の子育て家庭が知らないケースが多いようですが、協賛店舗も多数あり、あなたの近所のお店も登録している可能性が大きいので活用されてみると大変、お得ですよ。

 

地域子育て支援センターとは

地域子育て支援センターとは、各市町村の自治体などに子育て家庭の支援活動の企画、調整、実施を担当する職員を配属して、育児サークルなどへの支援、子育て相談室の開設、地域の保育需要に応じた特別保育事業等の実施や普及の促進、そしてベビーシッターや家庭的保育を行う者などの地域の情報提供などを主に行っております。

保育所などの児童福祉施設や医療施設に委託して事業を行うこともあるそうです。

その場合、その施設に保育士の中から地域の子育て家庭の支援活動の企画、調整、実施を専門に取り扱う地域子育て指導者及びその補助的業務を行う担当者を配置することが義務付けられています。

 

子育て支援の課題について

子育て支援という言葉も大分、国民に浸透してきましたが、まだまだ整備が行き届かない課題や改善すべき課題があるようです。
その課題を下記にご紹介いたします。

  • 保育所の入所の可否が分かるのに時間が掛かる。
  • 希望しているが認可保育所に入所できない。
  • 兄弟で別々の保育所になり、延長保育が片方にしか認められないケースがある。
  • 保護者の希望する時間までの延長保育などのサービスが無いなど働く親のニーズにサービス内容がマッチしていない。
  • 子どもが病気のときに、休みを取りにくい。
  • 放課後児童クラブ・放課後こども教室に関して利用を希望しても利用できない場合がある。
  • 放課後児童クラブ・放課後こども教室の1クラブ当たりの利用児童数が多いことにより、特に大規模クラブにおいて一人一人の子どもに目が行き届かないケースもある。
  • 各種子育て支援サービスが住民に周知されていない。

 

子育て支援が活発な地域について

子育て支援が活発な地域についてお伝えします。

  • 東京都
  • 名古屋市

東京23区は、医療補助に関してはどの地域も充実しています。インターネット上には、東京23区の子育て支援サービスを比較したサイトがあるので参照してみてはどうでしょうか?

名古屋市北区では、親や子ども同士の交流の場所として区内4か所で「子育て支援るーむ」を開催しています。
親子同士が気軽に交流できる場所で、歌遊び、本の読み聞かせ、育児相談、手遊びなどを行うそうです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
今村

子育てアドバイザー今村

子育てアドバイザーの今村健二と申します。


子育て悩み解決相談室のリーダーとして、子育ての助言を専門に子育てアドバイザーの仕事をしております。

詳しい自己紹介はこちら

-なぜ幼児教育をする必要があるのか?
-

Copyright© 贅沢のびるんるん-子育ての成長の悩み解決相談室 , 2019 All Rights Reserved.