贅沢のびるんるんで子育ての成長の悩み解決を保証します

贅沢のびるんるん-子育ての成長の悩み解決相談室

子育てのしつけについて

子育て悩み解決100の方法(歯並び編)

更新日:

子育て 歯並び悩み解決100

子育て 歯並び悩み解決100子育て悩み解決100の方法シリーズ、今回は、歯並び編です。
幼児期の深刻な子育ての悩みとして、「歯並び」があります。
2~3歳ごろから乳歯が生えそろうので「あれ!、歯並びがおかしい?!」と気づき心配になりますよね。
そして、「歯並びをよくするには、どのような治療をすればいいのか?」また「いつごろ、歯並びの治療をするのが一番いいのか?」など数々の疑問が湧いてくるでしょう。

今回は、歯並びの子育て悩みの解決方法は勿論のこと、こういった疑問にお答えする耳寄りな情報もお伝えいたします。
なお、「歯並びの子育て悩みの解決方法」の文章先頭の項目番号は、前回記事の続き番号です。

 

 

歯並びを良くする治療にはどのような治療があるのか?

歯並びを良くする治療には、大きく分けて2種類の治療法があります。
一つ目は、広く世間に知られている一般的な抜歯式矯正治療法です。
この治療法は、歯を一本抜き、空いたスペースに歯を動かして歯並びを整える方法になります。
ですので、子どものうちに治療するとなると、抜歯するのに最適な第一小臼歯が生える10歳半ばから11歳ごろまで待たなければ歯並びの治療ができないことになるのです。

一方、二つ目の治療法は、「歯列育形成」と呼ばれる歯並びの治療法になります。
歯列育形成は、専用のプレート(取り外し可能な矯正装置)を使用し、徐々に顎を変化させ歯を移動させて歯並びを整える治療法です。
早ければ3~4歳より治療ができ、遅くても前歯4本が永久歯に生え変わる前までに歯並びの治療を始めることができるでしょう。
よって、歯並びが気になりだした頃から治療を始められる上、抜歯をしなくていいというメリットがあります。

 

 

歯並びの治療をするのは、いつごろが一番いいのか?

歯並びの治療をするには、顎が成熟した大人になってからより子どもの、特に幼児期が最適でしょう。
なぜなら、顎が成熟した大人になってからでは、顎を調整しづらいし、、ややもすれば外科的手術をすることになりかねません。
なので、幼児期の顎が柔軟に変化する時期に歯並びの治療をするのが良いというわけです。

では、幼児期で歯並びの治療をするのに適した時期はいつごろなのでしょう?
それは、顎が発育段階で柔軟に対応がきく幼児期でも早い段階が良いと言えるでしょう。
したがって、歯列育形成の治療法を利用し乳歯が残っている3~4歳ごろから歯並びの治療を始め、遅くても永久歯が生えそろったばかりで顎の骨が成長段階である10~15歳までに歯並びの治療に取り掛かることが、抜歯することもなくスムーズに治療することができる歯並びの治療に最適な時期になります。

 

 

歯並びの子育て悩みの解決方法

63、歯列育形成の治療法を利用する。

歯列育形成は、3~4歳からの早期治療ができ、抜歯せずに、取り外し可能な専用プレートを使用して無理なく治療できます。

64、生え変わりの時期をうまく利用する。

乳歯から永久歯に生え変わる時期、つまり6~9歳頃を利用して子どもの歯並びの治療を行えば抜歯することなく無理なく歯並びを調整できるでしょう。

 

 

子どもの歯並びに関する参考サイト

・島田歯科医院
https://shimada-dental.com/40_orthodontic_c/index.html
・子供の矯正歯科完全ガイド
https://www.egao-kyousei.com/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
今村

子育てアドバイザー今村

子育てアドバイザーの今村健二と申します。


子育て悩み解決相談室のリーダーとして、子育ての助言を専門に子育てアドバイザーの仕事をしております。

詳しい自己紹介はこちら

-子育てのしつけについて
-

Copyright© 贅沢のびるんるん-子育ての成長の悩み解決相談室 , 2019 All Rights Reserved.