贅沢のびるんるんで子育ての成長の悩み解決を保証します

贅沢のびるんるん-子育ての成長の悩み解決相談室

子育てのしつけについて

子育て悩み解決100の方法(発育上の問題編)

更新日:

子育て 発育問題悩み解決100

子育て 発育上の問題100子育て悩み解決100の方法シリーズ、今回は発育上の問題編です。
子どもの中には、落ち着きがなく、常に動き回っている(多動)子や言葉が発達しない子など発育が遅れている子がいます。

 

発育上の問題は、すぐ治せるものではありませんが、こちらのサイトを参考に、良い方向に向かって頂ければ幸いです。

 

 

発育上の問題に関する子育て悩み解決方法

 

48、発育不全について

発育不全とは、明らかに子どもの身長や体重が不足していることを言います。

発育不全の診断方法は、前回の身長・体重測定結果と標準身長・体重から判定されるそうです。

発育不全の発育上の問題の解決方法は、発育不全の程度に応じた治療があります。
軽度の発育不全に対しては、高カロリーや栄養の高い食事を子どもに与えて発育上の問題を解決するそうです。
そして、重度の発育不全に対しては、栄養士、食事に関する専門家、ソーシャルワーカー、精神科医などが集まった病院で集中的に治療します。

 

49、落ち着きのない子について

落ち着きのない子も、少々、気がちりやすい軽度の落ち着きの無さなら個性という見方もありますが、重度のものになると「多動症候群」という発育上の問題があります。

多動症候群になると、常に動き回り極端に落ち着きの無さが目立つそうです。
多動症候群の発育上の問題の原因は、様々ですが大きく3つに分かれます。
一つ目は、脳に何かの障害または発達障害がある。
二つ目に、周りの環境が影響している。
家庭や学校などが騒がしい環境にありますと情緒不安定となり多動症候群の発育上の問題が起こりやすいです。
そして、三つ目は、自閉症を抱えている。
自閉症の子どもも、幼児期は落ち着きの無さが目立ちます。

落ち着きが無いという発育上の問題の対処法として、何でもいいので興味のあることを、じっと座らせて取り組ませ、少しづつそのような時間を増やしていくことにより集中力を養うことができます。

 

50、言葉の遅い発育上の問題について

言葉の遅い発育上の問題は、年齢により対処法が違います。
1,2歳児であれば環境面や性格面が影響しているため発達障害とは決めつけられません。
パパ、ママは発音しやすい単語を口元を見せながら大きく発音しながら言葉を覚えさせてあげて言葉の遅い発育上の問題を解決しましょう。

また、3歳児になっても言葉の遅い発育上の問題を抱えている場合は何らかの障害がある可能性があります。
この要因は、家庭などの周りの環境が影響していることが多いようです。
その場合の対処法は、今までの生活環境を一転させ、子ども中心に物事を考え、子どもと一緒に遊ぶ時間を増やし、子どもの五感を刺激してやります。
この子どもの五感を刺激してやることにより急激に言葉の遅れを取り戻すケースがかなりあるそうです。

 

 

発育上の問題に関する参考サイト

・メルクマニュアル医学百科

https://merckmanual.jp/mmhe2j/sec23/ch267/ch267j.html
・多動症候群
https://www.stagweb.com/ganbaru/tado/tado.html

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
今村

子育てアドバイザー今村

子育てアドバイザーの今村健二と申します。


子育て悩み解決相談室のリーダーとして、子育ての助言を専門に子育てアドバイザーの仕事をしております。

詳しい自己紹介はこちら

-子育てのしつけについて
-

Copyright© 贅沢のびるんるん-子育ての成長の悩み解決相談室 , 2019 All Rights Reserved.