贅沢のびるんるんで子育ての成長の悩み解決を保証します

贅沢のびるんるん-子育ての成長の悩み解決相談室

なぜ幼児教育をする必要があるのか?

子育て支援の本について探求心はありませんか?

更新日:

子育て支援(子育て支援の本)

子育て支援(子育て支援の本)子育て支援の本が今、人気があるようです。
政府も消費増税で得られる財源で子育て支援新制度を打ち出し、増々、子育て支援が充実してきます。

しかし、解らないところや疑問に思うところもでてくるでしょう。

そこで今回は、それらの不安を打ち消す子育て支援の本についてお伝えします。

また、保育園事業に参入する民間企業について、子育て支援センターで利用者の多い施設についてもお送りしたいと思うところです。

 

子育て支援の本について

子育て支援の本についてご紹介します。
富山県では、子育てについての支援施設や児童支援センター、子育て支援サービスに関する内容を子育て家庭に理解しやすいように まんがで紹介した子育て支援の本を創刊しているようです。

 

保育園事業に参入する民間企業について

保育園事業にトップクラスの民間企業が参入していることをご存じでしたでしょうか?

そのトップクラスの民間企業は、「JPホールディングス」です。
JPホールディングスは、愛知県名古屋市東区に本社を置き、2012年3月に東証一部に上場した一流企業になります。
東京都内をメインに100か所以上の保育園事業を運営しており、その他にも学童クラブや児童館も所有しているそうです。

そして、JPホールディングスの保育園事業の特徴としては、働く保護者の真のニーズにお応えするをコンセプトに保育園は年中無休で開園しています。

さらにJPホールディングスの保育園事業のもう一つの特徴は、一時保育や休日保育、延長保育サービスに力を入れており利用者の声を最優先に考えているそうです。

また、JPホールディングスの保育園の昼食には、その保育園で自家栽培した食べ物を入れたり100%あきたこまちの米を園児たちへ出しています。

 

子育て支援センターで利用者の多い施設について

子育て支援センターで利用者の多い施設についてお伝えします。横浜

  • 群馬
  • さいたま
  • 京都

群馬の子育て支援センターは、施設内に専門の保育士が常駐しているので安心して利用できます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
今村

子育てアドバイザー今村

子育てアドバイザーの今村健二と申します。


子育て悩み解決相談室のリーダーとして、子育ての助言を専門に子育てアドバイザーの仕事をしております。

詳しい自己紹介はこちら

-なぜ幼児教育をする必要があるのか?
-

Copyright© 贅沢のびるんるん-子育ての成長の悩み解決相談室 , 2019 All Rights Reserved.