贅沢のびるんるんで子育ての成長の悩み解決を保証します

贅沢のびるんるん-子育ての成長の悩み解決相談室

学資保険で困っていませんか?

学資保険について、学資保険の人気ベスト3とは

更新日:

学資保険1

学資保険について1

 

学資保険について、今回は解説します。
学資保険は、お子様が成長されるにつれて加入していると大変に有利な保険です。
 
お子様の義務教育中(小、中学校)の教育資金は、なんとかなるとしても高校、大学と進学されるにつれて
教育資金も上がっていき家計を圧迫することでしょう。
 
ちなみに高校、大学に必要な教育資金の平均額は、950万円だそうです。これは、学資保険があれば大いに家計の助けとなることでしょう。
 
今回は、学資保険とは何なのか?、人気の学資保険について、学資保険のお得な耳寄りな情報などについてご紹介したいと思います。

 

学資保険とは

 

学資保険とは、近年、普及が著しい保険の一つなため、ご存知な方もいらっしゃると思いますが、新ためて
説明しますと、お子様の教育資金のために、一定額の保険料を毎月、積み立てて、満期になった時、その積立金を受け取れる保険のことです。
 
保険は、「保険契約者」と「被保険者」と「保険金受取人」から成っていますが、学資保険は、通常、保険契約者が「親」、被保険者が「お子様」、保険金受取人が「契約している親」というふうになります。
 
人気の学資保険のタイプの一つに、子供の医療費、死亡給付金、育英年金などが受け取れる保障が充実している学資保険があります。
 
なお、万が一、保険契約者が亡くなった場合に、亡くなった日以降の学資保険の保険料の支払いが控除された上に満期時の積立金や祝い金を受け取れる学資保険もあるようです。
 
また、毎月、保険料を支払われている契約者にとっては、なるべく利率の高い学資保険をお探しになるここと思いますが、そのような方には、利率110パーセント前後のソニー生命やフコク生命といったところが人気があるようです。
 
 

学資保険の年末調整について

学資保険も生命保険と同じようにサラリーマンは年末調整の時に、自営業者は確定申告の時に保険料控除が受けられます。
 
なぜ、学資保険の保険料が控除されるかといいますと毎年、支払い過ぎた保険料に対し、その過払い金分を相殺するためです。
 
保険料控除額は、生命保険の控除額と同じ、年間に5万円になります。

 

 

人気の学資保険について

学資保険について、最後に人気の学資保険を以下にご紹介します。

  • ソニー生命
  • アフラック
  • 第一生命
  • かんぽ生命
  • JA共済
  • 郵貯

 

貯蓄型の一番の代表格としてソニー生命の学資保険があります。
ソニー生命の学資保険は、前述にあるように110パーセント前後の返戻率を有しています。
 
貯蓄型の二番格は、アフラックの学資保険になります。
アフラックの学資保険の特徴として大学進学に特化した受取期間、つまり15、17~20歳に十分な教育資金を受け取れるメリットがあります。
 
ソニー生命と第一生命は、5年ごとの利差配当付きのメリットがあるのが特徴です。
 
育英年金や祝い金が付いた保障充実型の代表としまして、かんぽ生命、JA共済、郵貯の学資保険があります。
 
総体的に判断しますと、デフレの現在、保障充実型で元本割れするリスクを負うより、元本以上の利益が出る貯蓄型の学資保険が人気になっているようです。

いがだったでしょうか?

このように学資保険といっても様々な保険があります。
気に入った保険が見つかった時には、最低1つは入っておきたいところですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
今村

子育てアドバイザー今村

子育てアドバイザーの今村健二と申します。


子育て悩み解決相談室のリーダーとして、子育ての助言を専門に子育てアドバイザーの仕事をしております。

詳しい自己紹介はこちら

-学資保険で困っていませんか?
-

Copyright© 贅沢のびるんるん-子育ての成長の悩み解決相談室 , 2019 All Rights Reserved.