贅沢のびるんるんで子育ての成長の悩み解決を保証します

贅沢のびるんるん-子育ての成長の悩み解決相談室

なぜ幼児教育をする必要があるのか?

幼児教育の問題と課題を知らないで損をしていませんか?

更新日:

子育ての教育1

子育ての幼児教育の問題と課題1

幼児教育について、今回は解説します。

 

幼児教育とは、何なのか?

幼児教育をすることにより子供にどのような影響を与えるのか?

幼児教育の教材には、どのようなものがあるのか?

また、最先端の幼児教育についてもご紹介致します。

 

 

幼児教育とは

幼児教育とは、別名、就学前教育とも呼ばれ、一般に満1歳から小学校に入る6歳までの幼児期に行う教育のことです。

 

幼児教育を行うと、子供の成長が良い方向へ変わり、後々の人間形成に大きな影響を与えるとして

最近では、名門の幼稚園、小学校に入学しようと早くから幼児教育に取り組み、幼稚園、小学校受験が激化しています。

ジャック幼児教育研究所は、幼稚園、小学校受験に関して人気があるところです。

 

しかし、この早期的な幼児教育が、子供に表面的に覚えることを身に付かせ、自ら思考錯誤、創意工夫して物事に取り組む意識が育たない問題、課題があるとして警鐘を鳴らす方もいらっしゃいます。

 

そういった方は、幼児教育とは、教え込むのではなく、好奇心を育てるものであって遊びの中から興味のあることを見つけ、主体性や自発性を培うものであるとおっしゃっておるようです。

 

このような幼児教育の2面性も視野に入れて幼児教育に取り組むことが望ましいでしょう。

 

また、幼児教育と脳科学は密接な関係にあり、幼児教育で五感にたくさんの刺激を与えれば、良質の脳ができるというわけです。

 

この脳に良い刺激を与えてやることを「脳育」といい、脳育に最良な時期は生後1歳前後だそうです。

 

幼児教育の代表的な教育としまして、「リトミック」があります。

リトミックは、ドレミの音階を利用して音楽に触れさせながら感受性や想像力を育てる幼児教育のことです。

 

音楽に興味を持たれたお子様がいらっしゃいましたら、リトミックを習われてはいかがでしょうか?

 

そして、幼児教育でお悩みのパパ、ママは、幼児教育評論家や幼児教育研究家のご講和や電話相談などを受けられて解決に励んでみてはいかがでしょうか?

幼児教育の教材について

幼児教育の教材について解説します。

まず、幼児教育に関しての本についてお伝えします。

幼児教育に関しての本は、幼稚園、小学校受験の問題集や、思考力、把握力、想像力、そして感情を簡単な文章と絵で育むことができる絵本などがあります。

 

いずれも、大手オンラインショッピングのアマゾンなどでお買い求め頂けます。

 

また、インターネット上では、幼児教育に関しての無料の幼児向け問題集や教育ゲーム集があるようです。

 

無料ですのでこちらも活用してみたらいかがでしょうか?

幼児教育に関する教育施設について

幼児教育に関する教育施設について解説します。

幼児教育を教える側の教育施設として、大学、短大、専門学校の幼児教育科があります。

 

幼児教育科の入学試験には、大抵、小論文試験と面接があります。

大学、短大、専門学校の幼児教育科で修得できる資格は、幼稚園教諭、保育士、ベビーシッター、チャイルドマインダーなどです。

 

 

幼児教育に盛んな地域について

幼児教育に盛んな地域についての解説です。

世界の幼児教育に目を向けますと、世界的に注目されているのがフィンランドの幼児教育になります。

フィンランドは、幼児期からの家での読み聞かせが盛んなことと、修学が遅れている子どもの補習などの制度が充実していることが注目されている要因に挙げられます。

 

日本では、千葉県船橋市が幼児教育に関して人気があるようです。

 

 

幼児教育に関する参考サイト

◆お受験「あすか会」小学校受験合格講座
https://kosodatenayami.info/asukakai

◆本物の幼児教育を提唱するサイト「未来へのかけ橋」
◆幼児教育に関する団体
・幼児教育史学会
・幼児教育センター

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
今村

子育てアドバイザー今村

子育てアドバイザーの今村健二と申します。


子育て悩み解決相談室のリーダーとして、子育ての助言を専門に子育てアドバイザーの仕事をしております。

詳しい自己紹介はこちら

-なぜ幼児教育をする必要があるのか?
-, , ,

Copyright© 贅沢のびるんるん-子育ての成長の悩み解決相談室 , 2019 All Rights Reserved.