贅沢のびるんるんで子育ての成長の悩み解決を保証します

贅沢のびるんるん-子育ての成長の悩み解決相談室

なぜ幼児教育をする必要があるのか?

幼児教育方法でおすすめの方法とは?

更新日:

子育て 幼児教育方法

子育て 幼児教育方法近年、早期教育法が話題となり様々な幼児教育方法が出てきました。
有名なところでヨコミネ式教育法や七田式教育法があります。
今回は、幼児教育方法についてのお話しです。

 

幼児教育方法の要点

まず初めに幼児教育方法の要点についてお話しします。
幼児教育方法とは、小学校入学以前つまり0~6歳までの子供を対象に行う教育方法です。
幼児教育方法は、人間の生涯通しての創造力や思考力の根幹となる部分の基盤作りとなる時期の幼児期に行う教育なため大変重要になります。

 

おすすめの幼児教育方法

幼児教育方法は、早ければ早いほど良いため、早ければ赤ちゃんがママのお腹の中にいるときから行うのが望ましいと言えるでしょう。
このお腹の中にいる赤ちゃんに行う幼児教育方法を胎教と言い、現代では定着してきました。

では、なぜそれほどまでに早く行う幼児教育方法が後々の人生に効果的なのでしょう?
あなたは、自我にも目覚めていない子供に幼児教育方法が必要なのでしょうか?と疑問に思いませんか?

はい、その疑問にお答えします。

実は、自我にも目覚めていない子供に幼児教育方法は必要なのです。
なぜかと言いますと現代は情報化社会であり、膨大な情報が世の中を氾濫しています。
その膨大な情報を処理するためにも右脳の活用が必要不可欠なのです。
右脳は、直感的な判断を司る部分で、この部分を鍛えることによりイマジネーションが発達します。

そして、最も右脳の発育が活発な時期が0~3歳までの乳児期になります。
この時期にママ、パパは愛情を込めて絵本の読み聞かせなどの幼児教育方法を行うことにより子供の直感力と創造力が鍛えられるというわけです。

さらに小学校入学後の6歳以降は、右脳だけではなく、演算能力などを司る左脳を鍛えることにより、右脳とのバランスがとられ、知性と理性を兼ね備えたリーダーシップの執れる人間になることでしょう。

 

幼児教育方法の現状

幼児教育方法には、現在、ヨコミネ式幼児教育方法や七田式教育方法などがあります。
ヨコミネ式教育方法は、幼児期に人間の能力を最大限に開花させる人気の幼児教育方法です。
また、七田幼児教育方法は、右脳の発育を重要視した幼児教育方法になります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
今村

子育てアドバイザー今村

子育てアドバイザーの今村健二と申します。


子育て悩み解決相談室のリーダーとして、子育ての助言を専門に子育てアドバイザーの仕事をしております。

詳しい自己紹介はこちら

-なぜ幼児教育をする必要があるのか?
-, ,

Copyright© 贅沢のびるんるん-子育ての成長の悩み解決相談室 , 2019 All Rights Reserved.