贅沢のびるんるんで子育ての成長の悩み解決を保証します

贅沢のびるんるん-子育ての成長の悩み解決相談室

著名人の子育てについて

日本の子役と海外の子役事情についてご理解してますか?

更新日:

子育て テレビ(日本の子役)

子育て テレビ(日本の子役)子役に関しても日本の子役と海外の子役で事情が違うようです。
今回は、日本の子役と海外の子役の事情についてお話いたします。
また、子役の過去と現在について、子役になるには?!、子役の代表作別からみる人気タレントについてもお伝えします。

 

 

日本の子役と海外の子役事情について

日本の子役と海外の子役事情についてお話いたします。
まず、海外ではアメリカ「ハリウッド」で活躍した子役について、映画「ターミネーター2」でジョン・コナー役を熱演した「エドワード・ファーロング」さんは、一度は結婚したものの別れてバツイチになり、アルコールと薬物依存症になっているそうです。

そして、映画「スタンド・バイ・ミー」で注目された子役「リバー・フェニックス」さんは、23歳に時にナイトクラブの入り口で、ヘロインとコカインの過剰摂取で心不全を起こし亡くなっています。

このようにアメリカでは、元子役が劣化して不本意な成長または末路を遂げた子役が多数いるようです。
子役時代の栄光のプレッシャーが相当、重いのでしょう。

また、日本の子役に関しては、アメリカに比べるとほとんどの子役が立派な大人のタレントになり、現在も芸能界で活躍されています。
民族性の違いもあるのでしょうか?

さらに、韓国の子役も数人は薬物依存症などにかかっている子役がいるものの、日本同様、大人になっても芸能界で大活躍されています。
その理由として、子役俳優を体系的に管理する子役俳優専門機関などが確立するようになったことがあげられるようです。

子役俳優だけを専門的に教育して管理する機関は、2000年代初期までなかったのですが、子役俳優専門機関の確立が、子役の成人俳優進出を助けるのに大きい役割を果たしているといえるでしょう。

また、昔と比べて両親たちも、子役俳優らも、長期的に考えるようになり、マネージメント社のバックアップを受けたり両親とも相談をした後、戦略的且つ、長期的に動くという体系になったようです。

 

子役の過去と現在について

子役の過去と現在についてお伝えいたします。
インターネット上には、昔大ブレークした有名子役の今と昔を画像比較したサイトやその後の動向を集めたサイトがあり、人気があるようです。

 

子役になるには?!

子役になるには、タレントオーディションを受けたり、タレント養成学校に所属してから芸能事務所に入る方法などがあります。
いずれの方法も、インターネット上に手順や要点をおさえたサイトがあるので参考にできるようです。

また、インターネット上には子役になりたい方々が集まって情報交換する掲示板も人気があります。

 

子役の代表作別からみる人気タレントについて

子役の代表作別からみる人気タレントについてご紹介します。
ドラマ「とんび」で出演していた市川旭役の 五十嵐陽向(いがらしひなた)くんという男の子の子役は、可愛らしい容姿と演技でとても人気が出ました。

そして、NHK大河ドラマ「龍馬伝」で坂本龍馬の幼少時代を演じる子役「濱田龍臣(はまだ たつおみ)くん」は誠実な演技で人気を博しました。

さらにNHK大河ドラマ「八重の桜」の主人公・八重の幼少期を演じた鈴木梨央ちゃんは8歳ながら立派な演技を見せ話題となっています。

ドラマ「コドモ警察」に出演している鈴木福くんらの子役の熱演が可愛いと人気があるそうです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
今村

子育てアドバイザー今村

子育てアドバイザーの今村健二と申します。


子育て悩み解決相談室のリーダーとして、子育ての助言を専門に子育てアドバイザーの仕事をしております。

詳しい自己紹介はこちら

-著名人の子育てについて
-

Copyright© 贅沢のびるんるん-子育ての成長の悩み解決相談室 , 2019 All Rights Reserved.