贅沢のびるんるんで子育ての成長の悩み解決を保証します

贅沢のびるんるん-子育ての成長の悩み解決相談室

子育てのしつけについて

突発性発疹に効く薬を知りたくありませんか?

更新日:

子育て 突発性発疹(突発性発疹に効く薬)

子育て 突発性発疹(突発性発疹に効く薬)突発性発疹は、別名、突発疹、突発性発心、突発性発疹症とも呼ばれ赤ちゃんが最初に罹る病気として知られています。
感染源は、親など大人からのヒトヘルペスウイルス6型及び7型で、感染力は弱いため保育園や幼稚園などの集団生活で子ども同士の感染は無いようです。

とはいえ38度以上の高熱が3~4日続くため小さな赤ちゃんの体力が持つか心配ですよね。

また、突発性発疹の合併症として「熱性ケイレン」や「脳炎」や「脳症」を発症する可能性もありますので病院の治療や薬での療法を的確に受けたいものです。

そこで今回は、突発性発疹をメインキーワードに突発性発疹に効く薬についてお伝えしたいと思います。

その他にも、突発性発疹の概要について、突発性発疹に罹ったときのお風呂についてもご紹介したいと思うところです。

 

 

突発性発疹に効く薬について

突発性発疹に効く薬についてお伝えします。
実は、突発性発疹自体に効く薬は無いのです。
一般的に病院で突発性発疹と診断され処方される薬は、「対処療法」の薬になります。

対処療法の薬には、高熱が続くときに使用する解熱剤の坐薬や突発性発疹の発疹が出て、痒みを伴った時に使用する痒み止め塗り薬などがあるようです。

 

突発性発疹の概要について

突発性発疹の概要についてご説明します。
突発性発疹の初期症状は、38度から40度前後の発熱が3~4日続くそうです。
この際、高熱の割には機嫌が良い場合が多いようですね。
また、高熱の他に鼻水や咳といった風邪に似た症状は出ません。

そして熱が下がった後は、蚊に刺されたような赤い発疹が出るそうです。
突発性発疹の発疹は基本的にかゆみは伴わないようですね。
また、インターネット上には、突発性発疹の発疹が出ている症状の乳児などの写真を閲覧することができます。

さらに発疹の出る前後に下痢をするケースも多いようです。

 

 

突発性発疹に罹ったときのお風呂について

突発性発疹に罹ったときのお風呂は、熱のある内は入らさないようにしてください。

熱が下がったらお風呂に入ることができますが、体を洗う際は、発疹を傷つけないようにやさしく洗ってあげましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
今村

子育てアドバイザー今村

子育てアドバイザーの今村健二と申します。


子育て悩み解決相談室のリーダーとして、子育ての助言を専門に子育てアドバイザーの仕事をしております。

詳しい自己紹介はこちら

-子育てのしつけについて
-

Copyright© 贅沢のびるんるん-子育ての成長の悩み解決相談室 , 2019 All Rights Reserved.